ちぢり浜ジオサイト

津軽海峡に面したむつ市と風間浦村との境界付近に位置する「ちぢり浜」。

ちぢりの名前の由来とされる伝説のほか、昭和初期の遺構「幻の大間鉄道」跡やかつての港湾を取り壊したことで再生した自然を体感できる場所です。

また、この地の岩石がどう堆積したのか、そしてそれがどう削り取られたのか、削られた環境が海洋生物に与える影響から、人と自然の関わり方を考えられるジオサイトでもあります。


海食地形

300~260万年前に堆積した大畑層が波に削られた様を見られます。高海水準期に出来た海面下の平坦面・波食棚が幅数十m広がっていて、その上では様々な侵食地形が形成されています。海食崖付近で掘り込まれているノッチ(波食窪)、波食棚上に直径1 mを超すようなものも存在するポットホール(甌穴)やランパート(波食残丘)、蜂の巣構造などがちぢり浜の景観を形作っています。

タイドプールの環境教育

ちぢり浜には数多くのポットホールが点在しています。干潮時には傾斜の少ない波食棚が露出し、小さな子供でも容易にポットホールまで近づけ、ポットホールに生息する多様な生物に手を触れながら観察できます。干潮時取り残された潮溜まりをタイドプールと呼びます。磯の生物観察や、海洋研究の普及と地域社会とともに、環境変動による沿岸生態系変化をとらえる活動にうってつけな場となっています。

大畑層下の漣痕

海食崖の根元付近では、縞(しま)模様のある地層がちぎれて複雑に組み合わさった地層や褶曲した地層が、ほかの地層と交差して重なる様子が観察できます。短い期間に大量の堆積物が堆積する三角州などによく見られる特徴です。クロスラミナという傾いた縞模様も観察できます。砂層がその上面が堆積物によって不自然に切れられているのを観察できる場所もあります。