仏ヶ浦ジオサイト

下北地域・西海岸の中央部に位置する国の名勝、天然記念物。高さ100m近い岩体が日本海の拡大期に起こった海底火山の規模を物語っています。

積もった白緑色の岩石と、長年の風雨と波によって仏像のように削られた岩々は、鬼か、神でなければ創ることができないとまで言われる彫刻であり、仏ヶ浦独特の霊験あらたかな空間を形づくっています。

海底火山の噴火で生まれた仏ヶ浦

国指定名勝・国指定天然記念物でもある仏ヶ浦の岩々は、約1500万年前に海底火山の噴出物からできています。熱水反応によって変質した粘土鉱物に含まれる鉄が緑色を帯びたグリーンタフと呼ばれるこの白緑色の凝灰岩は、日本海拡大期の海底火山活動を代表する岩石で、本州から北海道南部の日本海側に広く分布します。

雨と波の彫刻

海底に堆積したグリーンタフの地層は隆起したのち、完新世以降の雨水や波浪による侵食を受け、現在見られるような巨岩・奇岩がそそり立つ景観ができあがりました。特徴的な形をしたそれぞれの岩には、「如来の首」や「蓮華岩」、「蓬莱山」など仏教や霊界を連想させる名前が付けられています。

「仏ヶ浦信仰」の歴史

仏ヶ浦の由来「ホトケウタ」はもともとアイヌ語で、かねてから信仰対象であったことがうかがえます。左記の岩々のほか、江戸時代から海から流れ着いた地蔵の形をした岩を祀ったり、賽の河原に見立てて積み上げた石塔と合わせ地蔵和讃をしたりと、周辺の海流や地形・地質と関わりの深い信仰が根付いています。