佐井ジオサイト

下北では、江戸時代に北前船による各地との交易が盛んに行われていました。

下北から京都などに出荷された昆布やスルメ、棒鱈などの乾物は京料理や出汁文化の発展を支える一翼を担い、下北には京都の様々な文化が持ち込まれました。

ヒバ材の積み出し湊として特に栄えた佐井村には漁村歌舞伎が伝わり、「福浦の歌舞伎」は青森県の無形民俗文化財に指定されています。


材木石

下北の北西部海岸では4~7角柱状溶岩が露出しています。大間町や佐井村では、この様子が材木を積み重ねたり並べたりするのと似ていることから、材木石と呼ばれ利用されています。20cm角の断面で長さが60cmくらいの材木石は、屋根の重しや垣根などに、大きなものは石垣や土地の境界などの所々にこの石を活用されています。

津鼻崎

津鼻崎は大間町と佐井村の境界に位置する、第三紀中新世の火山岩の柱状節理で構成された岬です。材木山という山の尾根が、西の海に張り出し、南側には小さな湾を抱え込んでいます。下北半島西海岸南部の切り立つ断崖絶壁の一端が北部の段丘海岸で垣間見られます。

願掛岩

2つの巨大な岩塊からなる願掛岩は、見方によっては男女が抱き合っている姿に見えることからそれぞれ「男願掛け」「女願掛け」と呼ばれ、村の観光スポットとして縁結びの神様にされています。男願掛け(南東側の岩塊)の高さは海抜100mを超えます。