斗南ヶ丘ジオサイト

むつ市郊外のなだらかな丘陵地が広がる標高約30mの斗南ヶ丘は、約12万年前に隆起した下北最大の段丘面です。

戊辰戦争で幕府側につき敗れた会津藩は、家名再興のため下北を含む青森県に移り斗南藩と改め、町を置く段丘面に「斗南ヶ丘」と名づけました。

開墾・開拓・作付には大変な苦労を伴いましたが、現在では下北を代表する酪農地帯として、市民や観光客に親しまれています。

海成・河成段丘

むつ市郊外のなだらかな丘陵地が広がる標高約30mの斗南ヶ丘は、約12万年前に隆起した北部海岸で見られる露頭崖上の段丘面と一致し、下北の段丘面で最大の面積を誇ります。戊辰戦争で幕府側につき敗れた会津藩は、明治元年に所領をすべて没収され、翌年下北を含む青森県に3万石で家名再興しました。斗南藩士はここに町を作ろうとしたため、「斗南ヶ丘」という地名になりました。

酪農

斗南藩の開墾は思うように進みませんでしたが、昭和17年に大規模な開拓が行われ、北海道から入植した酪農家によって酪農集落が形成されました。当初は恐山山地の噴火による酸性の火山灰土壌で痩せていましたが、根気強く堆肥をまき、とうもろこしなどの作物を植え続けた結果、現在では下北を代表する酪農地帯として、市民や観光客に親しまれています。

田名部川

東通村の朝比奈平が水源で北に流れ、東通村大字目名付近で南西に向きを変えます。むつ市田名部地区を流れ、むつ市港町地区とむつ市真砂町地区の境界から陸奥湾に注ぐ二級河川です。地元では昔から「田名部横町の川の水飲めば八十婆様も若くなる」という言い伝えがあります。
© 2016 ZENRIN
Image © 2016 DigitalGlobe
Image © 2016 TerraMaterics
Data SIO, NOAA, U.S. Navy, NGA GEBCO
Google earthの画像を使用しています。