焼山崎ジオサイト

下北の南西部海岸は断層海岸とも呼ばれ、落差100mを越える断崖が連続しており、新山崎、焼山崎等では落差300~500mの急峻な断崖となっています。

赤褐色に変色した岩肌が特徴的で、これら断崖の所々には滝が形成されてます。

現状ではほぼ海からのみアクセスされており、夏季に定期運行される青森―佐井間の高速船や、チャーター漁船あるいはシーカヤックを利用した観察が可能です。

絶壁の海食崖

断層海岸といわれる西海岸は、落差100mを越える断崖が連続しており、新山崎、焼山崎等では落差300~500mの急峻な断崖となっています。断崖を形成している岩体の下部は前期~中期中新統金八沢層の玄武岩、上部は中期中新統檜川層の流紋岩質凝灰岩より構成されます。赤褐色に変色した岩肌が特徴的で、津軽海峡を横断するフェリーからも確認できます。

幻の滝

断崖の所々には滝が形成されています。断崖の背後には焼山・湯ノ沢岳をはじめ300~600m級の山がそびえ、滝を形成する川の集水域が狭いため、天気次第で消長する滝も散見します。

陸奥湾の出入口、平舘海峡

焼山崎と津軽半島北東端の高野崎を結ぶ線で津軽海峡と分けられています。青森―函館間のフェリー航路が通じますが、夏季は濃霧、冬季は降雪による航路の難所として知られています。