猿ヶ森砂丘ジオサイト

下北東部の太平洋に面した海岸には、面積は測られていませんが日本最大規模の砂丘が発達しています。

猿ヶ森砂丘は海面変化に伴って形成された浜堤が、5000年前以降の風食と人間活動の影響で現在のように大型化されました。

砂丘の一部は防砂のためにクロマツが植林された被覆砂丘となっていますが、裸出砂丘のほとんどの範囲は防衛装備庁の下北試験場として利用されているため、一般の立ち入りはできなません。

砂丘の形成

下北東部の太平洋に面した海岸には、面積は測られていないものの日本最大規模の砂丘が発達してます。砂丘は約6000年前の縄文海進期以降に、太平洋からの飛砂で作られました。飛砂の範囲は内陸約2kmにも達し、砂丘の一部は防砂のためにクロマツが植林された被覆砂丘となっています。裸出砂丘のほとんどの範囲は防衛装備庁の下北試験場として利用されているため、一般の立ち入りはできません。

砂丘湖

猿ケ森地域には大小20余りの砂丘湖が分布しています。これらは浜堤の形成によって内陸に閉じ込められた海跡湖です。このうち大沼と左京沼では猿ヶ森漁業協同組合によりウナギやコイなどが放流されており、遊魚を楽しむことができます。また、世界的に希少なヒメマリモが見つかっています。

ヒバ埋没林

海岸から舞い上がった砂はさらに風に運ばれ、砂丘の範囲は内陸約2kmにも達します。一部は防砂のためにクロマツが植林された被覆砂丘となっています。約2000~500年前にかけては、環境変化に伴う樹木の枯死の後飛砂に被覆されたことによりヒバの埋没林が断続的に形成されました。