野平ジオサイト

陸奥湾に注ぐ川内川の上流部、親(おや)不知(しらず)渓谷の急流と断崖絶壁は、古くから人々の往来を阻んできたため、それより上流に広がる野平高原は長らく未開の地であり、本格的に開拓されたのは戦後のことでした。

高原野菜生産や畜産が軌道に乗った野平集落も、川内川の治水や農業の衰退に翻弄されることになります。

付加体でできた険しい渓谷と、肥沃なカルデラの大地に刻まれた、壮絶な歴史をたどるジオサイトです。


野平カルデラと高原野菜

野平高原は約193万年前の更新世前期に噴火した、直径約5kmの野平カルデラの内側にあたります。軽石凝灰岩や溶結凝灰岩が分布する野平高原では、カルデラ湖の埋積の後形成された原生林によって肥沃な腐葉土が作られ、冷涼な高原気候、またカルデラ地形による寒暖差に富む盆地性気候に恵まれ、大根をはじめとする高原野菜の生産や肉牛の放牧が盛んに行われてきました。

親不知渓谷

急峻な谷地形となっている親不知渓谷は、長浜層と呼ばれる尻屋崎と同じ付加体堆積物でできています。長浜層は、2億4000万年前の生物遺骸が積もり固まってできたチャートが、約1億7000万年前に付加した地層です。このチャートが硬かったため川幅が広がらず掘られた深い谷は人の侵入を阻み、開拓が始められたのは昭和に入ってからのことです。広域な集水域を持つ川内川の治水のため、川内ダムが建設されました。狭く深い谷はダム建設にはうってつけでした。

縫道石山

本岩峰の特異性は、その山容だけではなく、その山頂に氷期の地衣類の残存種が生息している点にあります。特にオオウラヒダイワタケの大規模な群落は、日本では縫道石山だけで発見されており、その群落は「縫道石山・縫道石の特殊植物群落」として国の天然記念物として指定されています。登山道が整備されており、一般の人々も登山が可能です。