脇野沢・鯛島ジオサイト

陸奥湾の湾口部に位置する脇野沢は、絶えず動く海流の出入口になっています。

このため、イワシやタラといった多くの回遊魚が季節的に集まり、漁業が盛んな地域です。良好な漁場が築かれる背景には、海を大切にする意識がひときわ高い脇野沢の地域性も関係しており、その意識を育んだのは、海底火山の噴火でできた鯛島に語り継がれる伝説でした。

海流がもたらし、伝説が守る、海の豊かさを感じられるジオサイトです。


鯛島

鯛島をはじめ脇野沢の基盤となる岩体は、1000万年前の海中噴火でできました。その証拠として、海中噴火で特有な構造・枕状溶岩やハイアロクラスタイトが、鯛島と対岸の海岸でも観察できます。もともとは同一だった岩体が長い時間かけて波浪で削られ、現在の鯛のような形に至りました。

マダラ漁

陸奥湾は平均水深38m、最深部でも70mの浅海であることに加え、入口が狭い湾のため静穏で、産卵や稚魚の成育に適した環境が広がっています。産卵のために陸奥湾を循環し流出する冷たい水をたどり来遊するマダラは、脇野沢の特産となっています。

悲恋伝説

蝦夷討伐のために脇野沢村を訪れた征夷大将軍坂上田村麻呂に、協力者である脇野沢首長の娘は恋をし、身籠りました。平定後、都への同行を約束とりつけたものの置き去りにされた娘は、大蛇に化け将軍の船に追い縋りました。田村麻呂は守り本尊・観音様に守られ、娘は子を産み狂死してしまいました。亡骸は鯛島に埋葬され、周辺では漁獲がなくなったり難破が増え祟りと恐れられました。