海に還る森の歴史の川下り

コース内容

 付加体でできた親不知渓谷の暴れ川が存在したこととその治水のため建設されたダムに野平集落が水没、消滅した歴史と、その短く壮絶な開拓史を学びます。また、川内川渓谷の鮮やかな渓畔林と安部城鉱山跡をセットで巡り、海と森ふれあい体験館で陸奥湾の豊かな海岸生態系に触れることで、煙害による環境破壊と植生回復の歴史を通じ、環境保全の重要性と山と海との繋がりを学びます。

約5時間00分

下北駅

車で80分

 

野平高原

(滞在時間:15分)

見どころ

  • 野平開拓史
  • 野平カルデラ内の農畜産業
  • 縫道石山のビュースポット
 

車で5分

 

道の駅かわうち湖

(滞在時間:20分)

見どころ

  • ヤマメ料理
  • 特産品販売
 

車で5分

 

親不知渓谷

(滞在時間:15分)

見どころ

  • 付加体でできたV字谷
  • 断崖の独特な植生
 

車で15分

 

川内川渓谷

(滞在時間:45分)

見どころ

  • 川内川渓谷遊歩道
  • 大滝
 

車で5分 ⇒ 徒歩で15分

 

安部城鉱山跡

(滞在時間:45分)

見どころ

  • 安部城鉱山遺構
  • 繁栄と煙害の歴史
 

車で20分

 

海とふれあい体験館

(滞在時間:30分)

見どころ

  • 地域の海の生態展示
 

車で10分

 

サンマモルワイナリー

(滞在時間:15分)

見どころ

  • 地ワインの販売