海流と海底火山がもたらす海のめぐみと北前船の文化

コース内容

 本州最北端、大間崎から沖のマグロ漁船と海底火山の貫入岩からなる大間弁天島のウミネコ繁殖地を望み、海流がもたらす海の豊かさを感じます。また、仏ヶ浦の巨岩、奇岩を通じて海底火山と波浪の侵食力を視覚的に捉えます。北前船の交易で栄えた佐井村ではその歴史を学び、町並みに海底火山の産物である柱状節理を用いた石垣を探します。

約4時間00分

大間港フェリーターミナル

車で5分

 

大間崎

(滞在時間:15分)

見どころ

  • 大間弁天島(ウミネコ繁殖地)
  • 津軽海峡(マグロ漁船)
 

車で20分 ⇒ 船で30分

 

仏ヶ浦

(滞在時間:30分)

見どころ

  • 緑色凝灰岩の奇岩
  • 仏ヶ浦信仰の歴史
 

船で30分

 

海峡ミュウジアム

(滞在時間:15分)

見どころ

  • 北前船文化の展示
 

船で30分

 

佐井村まちあるき

(滞在時間:90分)

見どころ

  • 佐井地区の歴史
  • 柱状節理の石垣