ジオサイト

下北GP地図

????????????????????????????????????

尻屋崎ジオサイト

はるか昔、太平洋の海底に積もった貝やサンゴなどの海の生物の遺骸が、海洋プレートが大陸プレートに沈み込む際にはぎ取られていきました。これを「付加体」と呼び、尻屋崎はその付加体を観察する絶好のポイントです。 ここでは、東北最…
13猿ヶ森冒頭写真

猿ヶ森砂丘ジオサイト

下北東部の太平洋に面した海岸には、面積は測られていませんが日本最大規模の砂丘である猿ヶ森(さるがもり)砂丘があります。 猿ヶ森砂丘は、海面変化にともなって海岸と平行に形成された小高い丘が、5000年前以降の風食と人間活動…
11北部海岸冒頭写真

北部海岸ジオサイト

北部海岸では、約12万年前以前の地層が、露頭として海岸線で見られます。 露頭の規模は長さ約8km、高さ約20mと非常に大きいです。海岸線の移動に伴う堆積物の変化を連続的に観察することができるため、更新世の海面変動を知る上…
12斗南冒頭写真

斗南ヶ丘ジオサイト

むつ市郊外のなだらかな丘陵地が広がる標高約30mの斗南ヶ丘は、約12万年前以降に隆起した下北最大の段丘面です。 戊辰戦争で幕府側につき敗れた会津藩は、家名再興のため下北を含む青森県に移りました。藩名を斗南(となみ)藩と改…
10恐山冒頭写真

恐山ジオサイト

下北地域最大の観光地にして、住民の信仰の場として崇められる恐山。 第四紀の火山活動で形成されたカルデラが、下北の人々に山の中と外とは別の世界であるという「山中他界観」をもたらしました。 カルデラ内では現在も噴気活動が続き…
07大湊・芦崎冒頭写真

大湊・芦崎ジオサイト

大湊(おおみなと)・芦崎(あしざき)は地形を生かした人びとの生活や歴史をみることのできるジオサイトです。 下北最高峰の釜臥山(かまふせやま)や砂嘴(さし)と呼ばれる地形の芦崎などがあり、明治時代には海軍大湊水雷団が設置さ…
09薬研冒頭写真

薬研ジオサイト

津軽海峡に注ぐ大畑川の河口域に、漁業で栄える大畑の町が広がっています。大畑川を10kmほど遡れば、薬研カルデラの内側に入り、薬研渓流に至ります。 カルデラによる盆地性気候によって鮮やかに色づく紅葉や、火山の地熱がもたらす…
08ちぢり浜冒頭写真

ちぢり浜ジオサイト

津軽海峡に面した、むつ市と風間浦村との境界付近に位置する「ちぢり浜」。 ここでは、波の力によって形成したさまざまな地形を観察することができ、その地形がもたらした伝説も残っています。海水がたまった穴のなかには多くの生き物が…
02風間浦冒頭写真

風間浦ジオサイト

火山フロントの本州最北部に位置する燧岳(ひうちだけ)の麓、風間浦(かざまうら)村。 国道沿いの海岸部は、背後に火山砕屑物からなる崖が迫り、猫の額ほどの平地に民家がひしめき合っています。 ところが一歩内陸に足を踏み入れると…
01大間冒頭写真

大間崎ジオサイト

本州最北端の地、大間。一本釣りで有名なマグロのみならず、イカやウニ、タコ、コンブなど、多種多様な水産資源に恵まれた漁師町です。 これらの豊かな魚介類は、津軽海峡に流れ込む2つの海流に支えられています。 そして、エサとなる…
14佐井冒頭写真

佐井ジオサイト

下北では、江戸時代に北前船による各地との交易が盛んに行われていました。 下北から京都などに出荷された昆布やスルメ、棒鱈などの乾物は京料理や出汁文化の発展を支える一翼を担い、下北には京都の様々な文化が持ち込まれました。 ヒ…
04仏ヶ浦冒頭写真

仏ヶ浦ジオサイト

下北地域・西海岸の中央部に位置する国の名勝および天然記念物である仏ヶ浦。巨大な岩体が日本海の拡大期に起こった海底火山の規模を物語っています。 長年の風雨と波によって削られた岩々は、鬼か神でなければ創ることができないとまで…
06野平冒頭写真

野平ジオサイト

陸奥湾に注ぐ川内川の上流部に位置する親不知(おやしらず)渓谷の急流と断崖絶壁は、古くから人々の往来を阻んできました。そのため、それより上流部に広がる野平(のだい)高原は長らく未開の地であり、本格的に開拓されたのは戦後のこ…
15川内冒頭写真

川内ジオサイト

川内(かわうち)は森から海までつながる自然の営みを体感できるジオサイトです。 川内川の流域では水の流れが作り出した地形や、滝を上るヤマメなどを見ることができます。 海では、川を通って運ばれてきた森の栄養によって育まれたホ…
05鯛島冒頭写真

脇野沢・鯛島ジオサイト

陸奥湾の湾口部に位置する脇野沢(わきのさわ)地区は、絶えず動く海流の出入口になっています。 このため、イワシやタラといった多くの回遊魚が季節ごとに集まり、漁業が盛んな地域となっています。良好な漁場が築かれる背景には、海を…
16焼山崎冒頭写真

焼山崎ジオサイト

下北の南西部海岸は断層海岸とも呼ばれ、落差100mを越える断崖が連続しています。焼山崎(やけやまざき)ジオサイト一帯は、落差300~500mの急峻な断崖となっています。 これらの断崖の特徴は赤褐色に変色した岩肌であり、所…