川内ジオサイト

川内(かわうち)は森から海までつながる自然の営みを体感できるジオサイトです。

川内川の流域では水の流れが作り出した地形や、滝を上るヤマメなどを見ることができます。

海では、川を通って運ばれてきた森の栄養によって育まれたホタテなどの海産物が漁獲されます。

また、この地域ではかつて公害による自然環境への被害が発生した歴史があり、環境保全の大切さを学ぶことができる場所でもあります。

安部城鉱山

川内川の中流域に位置した安部城(あべしろ)鉱山は、かつて日本三大銅山の一つに数えられたこともある大規模な鉱山でした。ピーク時の大正6年(1917)には、鉱山関係者が約3200人いたといわれ、同年川内村は人口およそ12,000人をもって川内町になりました。一方、鉱山から発生する煙によって深刻な公害も発生し、鉱山周辺は一面はげ山になりました。その後、関係者の並々ならない努力によって緑の山に回復し、鉱山が閉鎖された後は遊歩道が整備され、鉱山の歴史や周辺の自然環境などの教育に役立てられています。

川内の水産資源

陸奥湾の海底には砂や泥が溜まり、水深が比較的浅いため、ホタテの生育に適した海域だといえます。さらに、川内では森の豊富な栄養が海に流れてくるため、ホタテの養殖が盛んに行われています。また、ホヤやナマコなどの無脊椎水産資源も豊富に生息しています。 一方、川内川ではヤマメの養殖が行われています。ここで育てられたヤマメは下北各地の河川に放流されています。

下北ワイン

恐山火山が噴火した際、その噴出物は各方角へ広がっていきました。袰川(ほろかわ)という地区では火山噴出物によるゆるやかな斜面を利用して、ぶどうの栽培が行われています。下北地域は「やませ」による冷害などが発生するため、果樹不毛の土地だといわれてきました。しかし、関係者の長年の努力によってぶどう畑が広がっていき、そのぶどうを使った「下北ワイン」が生産されています。