風間浦ジオサイト

火山フロントの本州最北部に位置する燧岳(ひうちだけ)の麓、風間浦(かざまうら)村。

国道沿いの海岸部は、背後に火山砕屑物からなる崖が迫り、猫の額ほどの平地に民家がひしめき合っています。

ところが一歩内陸に足を踏み入れると、農地や学校に活用される海成段丘の平坦地が広がっています。

また、海岸部の急峻な斜面は海底深くまで続き、すぐ沖には高級魚キアンコウの漁場があります。

海底から高台までの地形を余すことなく利用した、村民の豊かな暮らしを感じることができるジオサイトです。


急峻な海底の恵み「風間浦鮟鱇」

風間浦村は、地域団体商標「風間浦鮟鱇(あんこう)」で知られるキアンコウの水揚地です。沖は津軽海峡の最深部に至る急峻な海底斜面で、水温に神経質なキアンコウが、好みの水温帯に移動しやすい環境となっています。海岸から漁場までの距離が短く、魚体を傷めにくい底刺網を利用しているため、刺身でも食べられるほど鮮度が抜群です。

潮汐と荒磯が育む海藻「フノリ」

津軽海峡の荒波が育んだふのりは、織物の天然糊材に用いられるほか、食用としても使われます。ふのりをつなぎに使った蕎麦は、「へぎそば」として新潟県十日町などの名物になっています。
江戸時代末期、北海道との交易用の船着場を造るために投入した多数の石に、ふのりが付着しているのが発見されたことから、人工養殖法が確立されていきました。

丘の上に広がる平坦地はかつての海底

風間浦村は、本州最北の火山であるむつ燧岳の裾野が海岸部まで広がり、低地の少ない地域となっています。海岸線のわずかな平地には住宅が並んでいる一方、広い土地が必要な学校や田んぼなどは、海成段丘の上に広がっています。この段丘面は、約12万年前に波浪で形成されたものが、隆起したことで今の高さになりました。
Image Landsat
Image © 2016 DigitalGrobe
Data SIO, NOAA. U.S. Navy, NGA, GEBCO
Google earthの画像を使用しています。