野平ジオサイト

陸奥湾に注ぐ川内川の上流部に位置する親不知(おやしらず)渓谷の急流と断崖絶壁は、古くから人々の往来を阻んできました。そのため、それより上流部に広がる野平(のだい)高原は長らく未開の地であり、本格的に開拓されたのは戦後のことでした。

原生林が切り開かれて集落ができあがり、野平高原では農業が行われるようになりました。ダム建設による離村もありましたが、現在もカルデラの盆地地形を生かした高原野菜の栽培や牛の放牧が行われています。


野平カルデラと高原野菜

野平高原は約193万年前の更新世前期に噴火した、直径約5kmの野平カルデラの内側にあたります。軽石凝灰岩や溶結凝灰岩が分布する野平高原では、カルデラ湖の埋積の後に形成された原生林によって肥沃な腐葉土が作られました。冷涼な高原気候、カルデラ地形による寒暖差に富む盆地性気候に恵まれ、大根をはじめとする高原野菜の生産や肉牛の放牧が盛んに行われてきました。

親不知渓谷

急峻な谷地形となっている親不知渓谷は、長浜層と呼ばれる深海堆積物の付加体でできています。長浜層は、約2億4000万年前の生物遺骸が積もり固まってできたチャートが、約1億7000万年前に大陸に付加した地層です。このチャートが硬かったため深い谷が形成され、ここを流れる川内川は流量の多い暴れ川となりました。治水のためにダムが建設されることとなり、当時野平に住んでいた人びとは離村しました。

縫道石山

野平高原から見えるひときわ変わった形の山が縫道石山(ぬいどういしやま)です。その山頂には氷期の地衣類の残存種が生息しています。特にオオウラヒダイワタケの大規模な群落は、日本では縫道石山だけで発見されており、「縫道石山・縫道石の特殊植物群落」として国の天然記念物として指定されています。縫道石山の山頂までは登山道が整備されているため、一般の人々も登山が可能です。