猿ヶ森砂丘ジオサイト

下北東部の太平洋に面した海岸には、面積は測られていませんが日本最大規模の砂丘である猿ヶ森(さるがもり)砂丘があります。

猿ヶ森砂丘は、海面変化にともなって海岸と平行に形成された小高い丘が、5000年前以降の風食と人間活動の影響で大型化してできたものです。

現在、砂丘のほとんどの範囲は防衛装備庁の下北試験場として利用されているため、一般の立ち入りはできなません。

砂丘の形成

猿ヶ森砂丘は約6000年前の縄文海進期以降に、太平洋からの飛砂で作られました。飛砂の範囲は内陸約2kmにも達し、内陸部は防砂のためにクロマツが植林された被覆砂丘となっています。鳴き砂がみられる場所もあり、踏みしめると「キュッキュッ」という音がします。

ヒバ埋没林

砂丘の砂は風で飛ばされて絶えず移動します。内陸部まで飛んできた砂にヒバが被覆され、埋没林が形成しました。埋没林とは、地層に埋もれた立ち木の化石です。埋没は約2000年前から500年前にかけて少なくとも4回発生したと言われており、猿ケ森地区では埋没林を近くで見ることができます。

アイヌ語由来の地名

猿ヶ森砂丘の周辺には、砂浜にちなんだアイヌ語起源とされる地名がいくつかあります。例えば「猿ヶ森」は、「サル・カ・モライ」からきているとされ、「湿地の上流にある流れの遅い川」という意味があります。ジオサイトの南側の「小田野沢(おだのさわ)」という地名は、「オタ・ノシケ」からきており、「砂浜の真ん中」を意味するアイヌ語が由来となっています。