尻屋崎ジオサイト

はるか昔、太平洋の海底に積もった貝やサンゴなどの海の生物の遺骸が、海洋プレートが大陸プレートに沈み込む際にはぎ取られていきました。これを「付加体」と呼び、尻屋崎はその付加体を観察する絶好のポイントです。

ここでは、東北最古の灯台である尻屋埼灯台や、岬周辺で放牧される寒立馬(かんだちめ)を見ることもできます。

太平洋に突き出たさいはての大地が、いかに資源に恵まれているかを体感できるジオサイトです。

地球の力で押し固められた岩

尻屋崎周辺の大地は、海洋プレートが大陸のプレート下へ沈み込むとき、海底に溜まった生物の遺骸がはぎ取られて押し固められた硬い岩盤で出来ています。これは、主にジュラ紀の生物の遺骸からできたチャートや石灰岩です。尻労(しつかり)という地域の漁港では、平坦にたまった地層が押し固められた際に曲がった様を見ることができます。

尻屋埼灯台を支える硬い大地

津軽海峡と太平洋の海流がぶつかる尻屋崎沖は、潮流が複雑なため古くから航海の難所でした。そこで、明治9年にレンガ造りでは日本一の高さ(32.82m)を誇る尻屋埼灯台が建てられました。尻屋崎の先端は、白亜紀に貫入したマグマが固まった硬い閃緑岩でできており、大きな灯台を建てるための地盤として適していました。

浅い海底と荒波が支える「拾いコンブ漁」

尻屋崎の海岸付近は、波浪による侵食によって、平坦で浅い海底が広がっています。これによって、海底まで日光が届くため、マコンブなどの藻類がよく育ちます。太平洋からの荒波によってはがれ、海岸に流れついたコンブを拾う「拾いコンブ漁」が尻屋の集落で営まれています。自然の力で流れ着いたもののみを採るので、持続可能な営みと言えます。ただし、許可無く海岸に近づくと密漁と間違われるので注意が必要です。