脇野沢・鯛島ジオサイト

陸奥湾の湾口部に位置する脇野沢(わきのさわ)地区は、絶えず動く海流の出入口になっています。

このため、イワシやタラといった多くの回遊魚が季節ごとに集まり、漁業が盛んな地域となっています。良好な漁場が築かれる背景には、海を大切にする意識がひときわ高い脇野沢の地域性も関係しています。その意識を育んだのは、海底火山の噴火でできた鯛島の伝説でした。

海流がもたらし、伝説が守る、海の豊かさを感じられるジオサイトです。


鯛島

鯛島を含む脇野沢の基盤となる岩体は、約1200万年前の海底火山の噴火でできました。その証拠として、海底火山が噴火した場所でみられる枕状溶岩やハイアロクラスタイト(水冷破砕岩)が、鯛島で観察できます。巨大な岩体が長い時間かけて波浪で削られ、現在の鯛のような形に至りました。

マダラ漁

陸奥湾は平均水深38m、最深部でも70mの浅海です。また、入口が狭い湾のため静穏で、産卵や稚魚の成育に適した環境が広がっています。陸奥湾を循環する冷たい水を辿って来遊し、産卵を行うマダラは脇野沢の特産となっています。

悲恋伝説が育む海域

この地域には、征夷大将軍の坂上田村麻呂と恋に落ちた脇野沢の娘の悲恋伝説が伝わっています。鯛島周辺に生える海藻は、田村麻呂に置き去りにされ、死んでしまった娘の髪とされており、漁師が採ることはありません。これによって、海藻が豊かな海域となったことが、マダラが産卵するための好条件の1つとなっています。