薬研ジオサイト

津軽海峡に注ぐ大畑川の河口域に、漁業で栄える大畑の町が広がっています。大畑川を10kmほど遡れば、薬研カルデラの内側に入り、薬研渓流に至ります。

カルデラによる盆地性気候によって鮮やかに色づく紅葉や、火山の地熱がもたらす温泉は、市民の憩いの場となっています。

ヒバ林業によって栄えた歴史もあり、木材を運ぶために利用した鉄道のレールを見ることもできます。


薬研渓流の侵食地形

薬研渓谷内には貫入した硬い溶岩や柔らかいグリーンタフ、薬研カルデラを形成した火山性堆積物などが分布しています。大畑川の流路や屏風岩、大滝などの景勝はそれらの地質の違いが見られるため、壁面や滝は地質の境界を確認できる場所となっています。

薬研カルデラと紅葉

薬研地域は恐山と同じカルデラ地形であり、その噴火時期は300~260万年前といわれています。その噴出物はジオサイトの1つである「ちぢり浜」の景観を形成する主要な岩体となっています。江戸時代に温泉が見つけられ、河童にまつわる伝説も残っています。
カルデラは典型的な盆地地形であり、カルデラ内に留まった空気は暖まりやすく冷えやすいです。そのため、昼夜の寒暖差が大きくなり、このことが紅葉が鮮やかに色づく要因の1つとなっています。

ヒバ林業の歴史

大畑川流域はかつて木材の一大産地であり、この地域のヒバは北前船によって日本各地に運ばれました。搬出に利用された軌道やずい道の一部が今も残っています。現在は、東北森林管理局の大畑ヒバ施業実験林として活用されています。